第36回例会 マンザナ、わが町

2018年 11・12月例会

こまつ座

 

日時 11月15日(木)  17時半開演

会場 知多市勤労文化会館

外部リンク

  一九四二年三月、カリフォルニア州マンザナ強制収容所。
  四か月前の真珠湾攻撃以来、日系アメリカ人に対する「排日」の気運は一気に高まっていた。特に西海岸在住のおよそ十一万人は、奥地に急造された十カ所の収容所に強制収容されることになった。
 そのうちの一つ、「リンゴ園」という意味の名の土地につくられた「マンザナ収容所」。砂漠の真ん中のバラックの一室に集められた五人の女性たち。ジャーナリスト、浪曲師、舞台奇術師、歌手、映画女優―――。収容所長から彼女らに下された命令は「マンザナは決して強制収容所ではなく、集まった日系人たちの自治によって運営されるひとつの町なのだ」という内容の朗読劇『マンザナ、わが町』の上演。
 日系人として受けた差別的な境遇を語り合い、自分の中の日本人らしさとアメリカ人らしさが明らかになるなかで、アメリカ建国の理念とは反している収容所を美化した台本の内容をめぐって激しく対立する五人。
果たして『マンザナ、わが町』は上演されるのか。

 


第37回例会 死神

2019年 1・2月例会

イッツ・フォーリーズ ミュージカルコメディ「死神」

 

日時 2月8日(金) 18時半開演

会場 東海市芸術劇場 大ホール(ご注意を)

外部リンク

 

 金もない、女にもモテない、さえない葬儀屋の主人・早川は、女房に仕事も家庭も夜の営みもダメだダメだと攻められてばかり。そんな早川のもとに、美しい女が現れて、自分は“死神”だと名乗るのでした。美人過ぎる死神の名前は“ロロ”。ロロは早川に金儲けの話を持ちかけます。死神が寝込んでいる病人の枕元にいる時はその患者は死ぬけれど、足元にいれば病人は助かる、死神を追い払う呪文を教えるから、金持ちの病人を助けて金儲けしよう、とここまでは落語の「死神」と同じストーリー。違うのは、このあと、病人を助けたあと。その代償として、なんと死神を抱かないとならない!早川は死神にそんな契約をさせられてしまうのでした。病人を助けてお金も儲かり、そのうえタダで美女も抱けるなんて!…そんなにオイシイ話が転がっているワケもなく…。


第38回例会 みすてられた島

2019年 5・6月例会

青年劇場 「みすてられた島」

 

日時 5月8日(水)

会場 知多市勤労文化会館

 

外部リンク

 

20XX年。とある島。戦争が終わって安堵していた矢先、突然本土から独立を言い渡される。「独立するってどんなこと?」と当惑する島長(しまちょう)一家のもとに、島の有力者たちが次々と集まってくる。とにもかくにも憲法を、と議論が始まり、侃侃諤諤(かんかんがくがく)、喧々囂々(けんけんごうごう)。長い会議のそのかげで、将来不安から脱出しようとする人々も。
島の未来と個々の事情、愛憎がからまって、はてさて一体どうなる!?


第39回例会 裏長屋騒動記

2019年 7・8月例会

前進座 「裏長屋騒動記」

 

日時 7月6日(土)

会場 知多市勤労文化会館

 

外部リンク

 

江戸のとある裏長屋に出入りする紙屑屋(かみくずや)の久六が、浪人朴斎(ぼくさい)とその娘お文(ぶん) に懇願されて二百文で買い付けた古い仏像。
それを蔵屋敷から声をかけてきた若侍の作左衛門に三百文で売ったところ、仏像の腹の中から出てきたのは誰のものともわからない大金五十両!
ところが、朴斎も作左衛門も、この金は自分のものではないから受け取れない、と強情に言い張り、久六は裏長屋と蔵屋敷を、五十両を持たされたまま行ったり来たりで、良心の大ピンチ…。
また同じ裏長屋の"らくだの馬"という鼻つまみ者は、今日も傍若無人のふるまいの末、フグにあたって死んでしまいます。
馬を訪ねてきた兄貴分の半次は、馬の弔いにかこつけてご馳走にありつこうと、久六を巻き込んで強欲大家の家まで乗り込み、目を覆う大騒ぎ。
そんなある日、作左衛門は藩主綱正から呼び出しを受けます。
朴斎を訪ねたものの留守居のお文に受け取りを断られ、未だ行き場のない例の五十両でのお咎めかと恐れていると、思いがけない展開が…。


第40回例会 野の花ものがたり

2019年 9・10月例会

劇団民藝 「野の花ものがたり」

         徳永進「野の花通信」より

 

日時 9月

会場 

 

外部リンク

 

作=ふたくち つよし 演出=中島裕一郎

あらすじ

鳥取の総合病院に内科医として勤務していた徳丸進は、そこを出て町なかに小さなホスピスをつくった。野の花が好きだったので、野の花診療所と名づけた。売り文句は“ 23 時間あらゆる患者さんに対応します!”。
地方勤務医時代、たくさんの患者の死に立ち会ったが、ほんとうに十分な対応や支えができたのかどうか。野の花診療所は、助けてほしいと訴える人びとをだれでも受け入れ、患者の望むことは何でもしてあげる、そんな場所にしたいと願った。
人の死は終着駅なのか、死は悪者なのか、あってはいけないものなのか……。患者とその家族に寄りそい試行錯誤をつづける徳丸医。今日も診療所にはさまざまな病気とそれぞれの思いを抱いた新しい入所者がやってきます。


第41回例会 パパ、I LOVE YOU!

2019年 11・12月例会

加藤健一事務所

 

日時 11月

会場 

 

外部リンク

1994年初演

作: レイ・クーニー
訳: 小田島雄志、小田島恒志